赤裸々ノーガード

目指せ”バースデープランナー”

新卒が1年で会社を辞めて感じた2つのこと

こんにちは、げんです。

いきなりですが、現在の仕事を辞めることにしました。

自分でゼロから何が作れるか・出来るかを試してみたくなりました。

 

gentarou62.hatenablog.com

 

わたし、「誕生日をもっと幸せにするサービス」はじめます! はこちら

 

 

 

退職するために

まずは会社の上司に伝えました。

会社的・上司的にも退職を引き止める

という意向はなかったので、スムーズに話が進みました。

 

むしろ今後どうするか、どう行動するかを社会人の先輩として

アドバイスして頂いたり、本当によくしていただきました。

 

 

 

ただし、会社に伝えるということは、退職が決まったということ。

ここで私は2つのことを感じるようになりました。

 

 

不安

f:id:gentarou62:20160628230720j:plain

会社の上司に退職の意向を伝えた途端、急に不安に襲われました。

 

よく聞くことですが、

”会社をやめても自由になることはない”

という意味が少し分かった気がします。

 

それまで出来ていた汗疹のようなものが急に無くなり、

退職へのストレスからは開放されました。

 

そして新たに不安と戦うことになったのです。

 

時間を提供することで、お金だけでなく、

安心も与えられていたんだと気づきました。

 

 

 

社会的ハードル

f:id:gentarou62:20160628230724j:plain

上司に、退職して「新たにサービスを作りたい」と話した際に言われたこと。

それは

「これからは社会のトップと

 1人で戦わなければいけない」

ということ。

 

 

それまで漠然と分かった気でいましたが、

例えばSNSを作るならば、世界的企業のFacebookTwitterを1人で相手にするということです。

 

まるで像に立ち向かう1匹のアリのような感覚になりました。

本当に自分ができるのか…という不安とともに会社の大きさを感じました。

 

 

以上が会社に退職を伝えた時に感じた2つのことでした。

 

 

ただの25歳、今後どうなってしまうのか…!?

今後をお楽しみにッ!!(ドキドキ)

 

 

 

 

私の場合、退職し起業するという選択のため、

不安と社会的なハードルの2つを感じたのかもしれません。

 

あなたは退職を経験したことはありますか?

もし退職する時に、他に何か感じたことがあればコメントで教えてください。

 

広告を非表示にする