読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤裸々ノーガード

目指せ”バースデープランナー”

コンゴの世界一おしゃれな野郎共『サプール』

ライフスタイル ニュース

こんにちは、げんです!

 

ずっと家にいると

精神衛生上よくないと分かりました。

主夫や引きこもりには

なれそうにありません。

 

社会人になると私服って

着る機会少ないですよね!

最近は少し余裕がでてきて、

色々ほしくなってきました。

 

ところでアフリカ中部の国、

コンゴ共和国ってご存知ですか。

f:id:gentarou62:20160924191450p:plain

このへん。 

 

この国の「サプール」と呼ばれる集団が

ポール・スミスなどの世界中の

デザイナーから注目されているみたい。

f:id:gentarou62:20160924192036j:plain

 

 

サプールが住むバコンゴ地区の人たちの

平均月収はなんと300ドル程度。

 

けれど着ている服は

月収の何倍もするような

ハイブランドばかり。

 

しかしサプールは

服にお金をかけていだけの

ただのおしゃれ野郎共ではありません。

 

紳士としてマナーや教養を身につけ、精神的に豊かであること

f:id:gentarou62:20160924192420p:plain

彼らは、サプールであるためには教養を身につけ、フランス語を流暢に話し、何よりも強い倫理観を持たなければならないと考えている。

つまり、スマートで高級な衣服の内側には、真摯かつ高貴な人間性が備わっていなければならないのだ。

SAPEURS the Gentlemen of Bacongo(青幻舎)

 他にも

「エレガントになりすぎないよう

 3色以上は使わない」

など色んなルールがあるみたい。

 

武器を捨てて、エレガントに平和を着飾る

彼らはただの

”ファッション野郎共”

ではありません。

 

その服には平和への願い

込められています。

f:id:gentarou62:20160924193117j:plain

約100年の歴史を持つサプール

内戦が絶えないコンゴで

その文化は何度も消えそうになります。

 

そんな中で、ただ着飾るのではなく

「紳士であること」を重んじて

武器を捨てることで平和を主張する。

れが彼らの願いです。

内戦の際に「3日くらいで戻れるだろう」と思い、庭に穴を掘って大切な洋服や靴などを埋めておきました。けれども、実際に戻れたのは1年以上経ってから。

やっと帰れた時に、埋めたものを掘り出そうとしたところ…洋服も靴もベルトも…何もかも、ボロボロになっていました。

平和でなければ、サップでいられない。サップのいない町では、環境が良くなることもない…そう感じました。

 

 

内戦の爪痕が残っていたり

教育制度やあふれかえったゴミなど

問題が山積みのコンゴ。

f:id:gentarou62:20160924193639j:plain

それでも彼らはエレガント

振る舞うことを忘れません。

コンゴのサプールは、三度の食事にありつけなくても幸せなのです。

なぜなら、しかるべき衣服を着ることは精神を養い、身体を幸福で満たしてくれるから。

 

 

日本でハイブランドの服を着るのとは

意味合いが全く異なります。

 

健全な精神のために、平和のために

ファッションを愛すサプールでした。

 

書籍も販売されているので

気になった方はいかがでしょう。

 

以上!

広告を非表示にする