読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

赤裸々ノーガード

目指せ”バースデープランナー”

これで明日からうはうは!! 一次感情と二次感情の話

 

こんにちは、げんです。

 

小学生の頃から、落ち着きがあると言われ続け

新社会人の時には、すでに人事担当者みたいとなじられ続けた私です。

 

落ち着きって大事ですよね。

 

 

突然ですが、あなたは一次感情と二次感情って聞いたことありますか?

知ってる方は…うん、調子どう?

 

 f:id:gentarou62:20160630234538j:plain

 

「嫌われる勇気」でも有名なアドラーさんの言葉です。

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

ときどき無性に腹が立つ、気持ちの整理がつかなくなる

などなど思い当たる方は、ぜひ読んでみてください。

 

明日から、気持ちが少し楽になるかもしれません。

人によってはうはうは出来ますよ(たぶん)

 

 

一次感情と二次感情とは?

1組のカップルがいました。

ある日、彼氏が浮気をしてしまい、

彼女はとても悲しんだそうです。

 

「信じられない!」「殴ってやりたい!」

 

そう喚いていた彼女ですが、

しばらくして落ち着くと、

 

「浮気されて、悲しい、寂しい」

というように感情が変化したそうです。

 

というお話。

ご存じですか?

 

 

 

怒りや嫉妬など、表面化しやすい感情の裏には

「落胆」「心配」「悲しみ」「寂しさ」「傷つき」などの

一次感情がある というお話です。

 

 

すごい納得。

何かを嫌だなと感じる時って

大体が先入観だけで決めつけていることが多いんじゃないかなと。

 

私の印象としては、最初に感じる・認識するものは

たいてい二次感情だと思います。

 

 

あなたがもし怒ったり、嫌だなと感じたとき、

このことをまずは思い出してみてください。

 

実はその感情の根っこには、

「落胆」「心配」「悲しみ」「寂しさ」「傷つき」などの一次感情があるはず。

 

 

実際にどうすれば?

具体的に思い出すだけでは効果は薄いです。

実際どうすれば良いのか。

 

それは一次感情を言葉にすることです。

 

 

 

例えば人に何を指摘されて腹が立った時、

なぜ自分が腹を立てたのか、少しだけ考えてみてください。

 

①「相手の言い方に腹が立った」

②「そもそもの指摘が間違っている」

 

あなたは、どちらに当てはまるでしょうか。

(他の回答をお持ちの方は一旦我慢してくださいごめんなさい)

 

 

①の場合

相手の言い分には納得している可能性が高いです。

 

言っていることは正論だけど、相手の言い方やお互いの立場、あ

なたのプライドが原因で、腹を立ててしまっているわけです。

 

こんな時はプライドは一旦置いておき、まずは一次感情を伝えましょう。

「あなたの言い方じゃ納得できない。

 けれどあなたの言っている内容は分かった。

 対策を考えるので、あなたも言い方を考えてください。」

とか。(個人的意見の1つです)

 

 

②の場合

その指摘の過ちをちゃんと伝えましょう。

ちゃんと伝えるまで、相手の中では過ちが正解です。

 

「そうではなくて〇〇だと思うんですが、どうですか」

みたいな感じで。(個人的意見の1つです)

 

 

 

正直しんどいことです。

 

相手に伝える前にはストレスではげそうなくらい。

 

でも1回我慢して、

素直に一次感情で話してみる。

相手にもそれが伝わる。

 

うまくいった時、本当に気が楽になります。

 

そして自分が何を考えているかが

よく分かる様になります。

 

 

ちょっとしたことでもいいんです。

 

電車に乗っている時、人と話している時、

嫌だなと思った時に、なぜ?と思うことができれば

もっと気楽に考えることが出来るようになりますよ。

 

以上!

 

広告を非表示にする